本文へ移動
http://www.cho-yo-yakkyoku.co.jp/files/libs/93/201708101631058343.png

整形外科:骨粗鬆症 と 脊柱管狭窄症

骨粗鬆症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、足底腱(筋)膜炎など

脊柱管狭窄症の予防と治療

(2018-02-05・1230KB)

日常生活での注意点

(2018-02-15・243KB)

椎間板ヘルニア と 脊柱管狭窄症

(2019-12-01・590KB)

同じ腰痛でも
・椎間板ヘルニアは、前屈みで痛み増強
・脊柱管狭窄症は、後ろ反りで痛み増強
します。
 

つらい膝痛!動いて解消。

(2019-11-06・806KB)

痛くても動け!それがルーの3原則です。
・やらないと衰える
・適度にやれば、筋力アップ
・やり過ぎは、壊れる。

加齢に伴う神経の病気。

(2018-02-05・1100KB)

・足の裏がしびれる(坐骨神経痛)
・こむら返り
等も腰部脊柱管狭窄症が原因です。

PGE1薬で3割改善。症状:両足の裏や右足だけ痛む

(2018-02-05・1142KB)

ミス起きたXLIF
 

足の痛み、優しく治療

(2018-02-15・1012KB)

休みながらなら歩ける
背中を反ると痛み生じるので、前傾姿勢になる
 

骨粗鬆症を予防するには・・・

(2018-02-19・544KB)

まずは、カルシウム。
それの吸収を助けるビタミンDとK
更には、
ビタミンD合成に必要な日光欲(紫外線)
そして、外での運動・散歩。

骨粗鬆症予防に➡かかと落とし

(2018-10-27・436KB)

男女共に、20歳で骨量ピークに達し、以後徐々に低下します。
特に女性は閉経を迎えると「女性ホルモン(エストロゲン)」が減少し骨粗鬆症リスクが高まります!
 

繰り返し骨折防げ

(2018-03-12・542KB)

BP:ビスフォスホネート薬の起床(空腹)時、服用が基本です。
最近では、週1回➡月1回のBP薬が主流です。
 
 

骨質を丈夫に、骨とコラーゲンが大切。

(2018-03-12・503KB)

ステロイド性骨粗鬆症

(2018-03-12・643KB)

ステロイド剤は1日5mg※以上服用している方は要注意!です。
※:プレドニン錠5mgなら1錠以上でリスク増加します。
 

特に、女性の骨粗鬆症➡YAM値

(2018-03-12・963KB)

女性は、「骨が命」です!
 

背中が曲がって痛い。⇒脊柱変形

(2018-02-15・860KB)

歩行時の痛み・しびれ

(2018-02-15・552KB)

痛む足、歩くのも休み休み・・・

(2018-02-15・583KB)

足底腱膜炎 と 筋膜炎

(2018-02-19・861KB)

呼び名は違えど、同じ疾患と解釈します。
 

有森裕子の足底筋膜炎

(2018-02-19・549KB)

足底腱膜炎

(2018-02-19・690KB)

足底筋群を鍛えて・・・膝・腰・冷えを改善。

(2018-02-19・473KB)

この記事による踵を上げるストレッチ以外に、
踵を下げる運動が推奨です。
その為には、地面や床では下がり増ませんから、手すりにつかまって階段等の段差ある場所を用いて行います。
小生はエスカレーターの踏み台を使ってやっています。
 

薬剤性「光線過敏症」に注意!

(2018-09-15・419KB)

その代表が、NSAIDs外用剤ケトプロフェン[商品名:モーラス]です。
貼付部位を直接、陽に当てぬように注意ください。
特に、首の後ろ、膝・肘、手首などです。
 

処方されるNSAIDs外用剤にも注意が必要です!

(2018-09-15・742KB)

良く処方されますモーラス[ケトプロフェン]テープやパップで
光線過敏症による腫れ・発赤が生じる場合があります。
テープ・パップ剤を日光に当てぬように、まず上着を羽織る、サポーターを巻くなど
ご注意ください。
薬袋にも「注意喚起」説明されていますのでご覧下さい。
決して危険を煽るつもりはありませんが、貼付剤を外した跡でも
生じる事が報告されていますので、4Wは同様の処置をお願いします。
 

椎間板ヘルニア:薬で痛み緩和。

(2019-08-16・609KB)

その薬は
リリカ
トラムセットです。 よく効きます

かかと落とし、是非実践を!

(2018-12-31・437KB)

高齢[女性]者の太腿骨骨折➡早期手術・リハビリを

(2019-08-16・725KB)

特に女性は、歩けなく寝たきりになるリスクが大です↑
全症例の3/4が女性です。

変形性関節症

(2019-08-16・881KB)

膝や股関節に人工関節Opeが主流です。
 

股関節痛!➡まず減量。次に自宅でリハビリ。

(2019-08-16・885KB)

特に、股関節の場合歩けず寝たきりになるリスクが大きいです。
 

増える人工関節手術。

(2019-11-02・646KB)

膝と股関節が主流です。
 

変形性[膝]関節症

(2019-11-02・633KB)

全置換と部分置換の2通りOpe式がありますが、共に全身麻酔で実施します。
 

膝の痛み、運動で軽く。➡太ももを鍛え関節を支える

(2019-11-02・404KB)

高齢者の1/3が膝・腰痛で。

(2019-11-02・869KB)

歩き方を意識して軽減。
アメリカには「足病医」が医師・歯科医師と同じレベルで存在します。
 

女性のカラダノート:膝の病気①②

(2019-11-02・1035KB)

40歳以上女性の2/3に変形性膝関節症が生じています。
 

辛い膝の痛みを防ぐには。➡じん帯ゆるゆるほぐす

(2019-11-02・519KB)

女性のカラダノート:骨粗鬆症①

(2019-11-13・645KB)

食事、カルシウム多めでもう1品。
閉経後、骨密度著しく減少。
美肌気にせず、日光浴に努めて!

女性のカラダノート:骨粗鬆症②

(2019-11-13・1053KB)

脚の骨折防ぐ運動4選。
・踏み台昇降
・ハーフスクワット
・爪先上げ
かかと落とし体操 も効果あります

女性のカラダノート:骨粗鬆症③

(2019-11-13・512KB)

骨を丈夫にする薬:ビスホスホネート(BP)薬で顎骨壊死。
昔から言われ続けていますが、
BP薬を休薬して、抜歯するよりも、口腔内を清潔して感染リスクを少なくした上でBP薬を継続して抜歯する事が勧められています。
 
株式会社朝陽薬局
〒424-0948
静岡県静岡市清水区梅田町10-19
TEL.054-352-6891
FAX.054-351-2446
1.調剤業務
2.薬・健康に関する情報提供
3.一般医薬品の販売
4.船舶用医薬品の卸売販売
TOPへ戻る