本文へ移動
病院は選ぶのに、薬局は選ばないの?
 
 
お薬はどこで調剤してもほぼ同じ支払です。
朝陽薬局では「薬を売るのではなく、情報を売る」そのスタンスでお客様と接しています。
不安や疑問などございましたら、ぜひ店頭の薬剤師にご相談ください。
走って寄り添う(伴走できる)医療人を目指しております。
お薬手帳を持参ください。
 
 
お薬手帳は薬の情報を知る・正しく伝えるための大事な手帳です。
安心で安全な医療提供に欠かせません。
お薬手帳は常に携帯しましょう。
クリックすると規範を全部確認いただけます
 
クリックすると画像全てがご覧いただけます
http://www.cho-yo-yakkyoku.co.jp/files/libs/93/201708101631058343.png

薬剤師・杉本 忠嗣が教える薬や体のこと(ブログ)

バイオ医薬品の後発薬は、「バイオセラム後続品」と呼びます。

2019-05-23
一般的な後発品の場合、先発薬の半額~4割で薬価が算定されます。
一方、バイオセラム(後続品)の場合は、全く同一とは言えないために『治験』にてその有効性と安全性を担保する必要があり、そのために薬価は7割と高く設定されています。
しかしながら・・・GE薬の範疇にAG薬が登場したように
バイオセラムのなかにもAG同様バイオセイム薬が登場しmなした。
それがキリン社ネスプのバイオセイム「ダルボポエチン注KKF」です。
バイオセイムは治験不要なためにその薬価はGE薬同様に5割(半額)と位置付けられていますが・・・当局担当者から問題提示がありました!
この続きは、の・ち・ほ・ど。
 
TOPへ戻る