本文へ移動
病院は選ぶのに、薬局は選ばないの?
 
 
お薬はどこで調剤してもほぼ同じ支払です。
朝陽薬局では「薬を売るのではなく、情報を売る」そのスタンスでお客様と接しています。
不安や疑問などございましたら、ぜひ店頭の薬剤師にご相談ください。
走って寄り添う(伴走できる)医療人を目指しております。
お薬手帳を持参ください。
 
 
お薬手帳は薬の情報を知る・正しく伝えるための大事な手帳です。
安心で安全な医療提供に欠かせません。
お薬手帳は常に携帯しましょう。
クリックすると規範を全部確認いただけます
 
クリックすると画像全てがご覧いただけます
http://www.cho-yo-yakkyoku.co.jp/files/libs/93/201708101631058343.png

薬剤師・杉本 忠嗣が教える薬や体のこと(ブログ)

[ウ]自国領ズミイヌイ島奪還☆彡

2022-07-01
黒海の要衝!!頑張れ、ウクライナ♬
毎日(2022年7/9)
静岡(2022年7/1)夕刊
NHK20220701
日経(2022年7/1)
NHK:ズミイヌイ島
日経:ズメイヌイ島
どちらが正しいのか??
いずれにせよ、ウ国軍の奮戦ご立派☆彡
-----------------------------------
ゼレンスキー氏「島は自由だ。黒海の状況変える」 ロシアから奪還
朝日新聞社 2022/07/01 09:07

 ウクライナのゼレンスキー大統領は6月30日夜のビデオ演説で、ウクライナ軍が南部オデーサ州沖のズミイヌイ島をロシア軍から奪還したことについて、「戦略的なポイントで、黒海の状況を大きく変える」と評価し、軍関係者らをたたえた。「いま、島は再び自由だ」とも語った。一方、ロシア軍はオデーサや東部リシチャンスクなどで攻撃を続けている。

 黒海に浮かぶズミイヌイ島はロシア軍による侵攻初日の2月24日に占拠された。だが、ウクライナ軍は4月にロシア黒海艦隊旗艦の巡洋艦「モスクワ」を撃沈後、島への無人攻撃機(ドローン)による空爆を開始。その後も攻撃を強化していた。

 ゼレンスキー氏は「安全は保証されておらず、敵が戻ってこないとも限らない」と述べつつ、「すでに占領者の行動を大幅に制限している。私たちは一歩一歩、占領者を我々の海、土地、空から追い出すだろう」と語った。

 ロシア側は、ウクライナが農産物を海上で運べるようにするため、島から「善意で撤退した」とした。

 だが、ウクライナ軍参謀本部は6月30日の戦況報告で、「我が国の大砲、ミサイル、航空部隊の砲撃に耐えられず、ロシア軍は島を離れた。オデーサ州は完全に解放された」と戦果を誇った。

TOPへ戻る