本文へ移動
病院は選ぶのに、薬局は選ばないの?
 
 
お薬はどこで調剤してもほぼ同じ支払です。
朝陽薬局では「薬を売るのではなく、情報を売る」そのスタンスでお客様と接しています。
不安や疑問などございましたら、ぜひ店頭の薬剤師にご相談ください。
走って寄り添う(伴走できる)医療人を目指しております。
お薬手帳を持参ください。
 
 
お薬手帳は薬の情報を知る・正しく伝えるための大事な手帳です。
安心で安全な医療提供に欠かせません。
お薬手帳は常に携帯しましょう。
クリックすると規範を全部確認いただけます
 
クリックすると画像全てがご覧いただけます
http://www.cho-yo-yakkyoku.co.jp/files/libs/93/201708101631058343.png

薬剤師・杉本 忠嗣が教える薬や体のこと(ブログ)

中国ゼロコロナ(483):政策の持続可能性なし。

2022-05-12
WHOテドロス事務総長
日経(2022年5/11)夕刊
日経(2022年5/12)
読売(2022年4/29)
米ユーラシアG世界リスク①中国ゼロコロナ政策
静岡(2022年5/12)
思い出せば、米ユーラシアGが2022年世界最大のリスクを
①中国ゼロコロナ政策の失敗
と公表してから・・・あまり認識がありませんでした!

でも、最近の流れ
・上海ロックダウン:2カ月近くも
・北京ロックダウン
で、その実効性に疑問がでました。
WHOテドロス事務総長も「持続不可能」と。
その原因を、米ナンシー・チェン女史は
・政府見解の訂正は ⇒ 失敗を意味する
・中国製ワクチンの効果不透明 ⇒ 高齢者接種の低下
・ロックダウンしても感染完全に減らず
------------------
最良の策は、海外製ワクチンの輸入開始なのでしょうが・・・習中国はそれを認めないと!!


TOPへ戻る