本文へ移動
病院は選ぶのに、薬局は選ばないの?
 
 
お薬はどこで調剤してもほぼ同じ支払です。
朝陽薬局では「薬を売るのではなく、情報を売る」そのスタンスでお客様と接しています。
不安や疑問などございましたら、ぜひ店頭の薬剤師にご相談ください。
走って寄り添う(伴走できる)医療人を目指しております。
お薬手帳を持参ください。
 
 
お薬手帳は薬の情報を知る・正しく伝えるための大事な手帳です。
安心で安全な医療提供に欠かせません。
お薬手帳は常に携帯しましょう。
クリックすると規範を全部確認いただけます
 
クリックすると画像全てがご覧いただけます
http://www.cho-yo-yakkyoku.co.jp/files/libs/93/201708101631058343.png

薬剤師・杉本 忠嗣が教える薬や体のこと(ブログ)

患者自らが行う副作用報告。⇒薬害根絶のために。PMDA+佐藤嗣道(サリドマイド)

2020-08-27
毎年8/24は「薬害根絶デー」です。
読売(2020年8/26)
日経(2020年8/10+24)
日経(2020年8/31+9/7)完
日経メディカル(2008年11/14)
佐藤 嗣道 サトウ ツグミチSATO Tsugumichi講師
東京理科大学 薬学部 薬学科 佐藤研究室
研究室紹介
専攻分野: 医薬品情報学
研究分野: 薬剤疫学、医薬品リスク管理、社会薬学
最善の治療法を選択するには、薬のベネフィット(期待される効果)とリスク(副作用の可能性)を評価することが必要です。そして、より適切な使い方によりリスクを減らすことができます。本研究室では、医療現場で実際に使われている薬のリスクを評価し最小にすることを目的とした研究を行っています。
研究テーマ
疫学的手法を用いた医薬品の安全性評価
医薬品のリスク最小化策の検討と評価
医薬品情報の提供方法の検討
TOPへ戻る