本文へ移動
病院は選ぶのに、薬局は選ばないの?
 
 
お薬はどこで調剤してもほぼ同じ支払です。
朝陽薬局では「薬を売るのではなく、情報を売る」そのスタンスでお客様と接しています。
不安や疑問などございましたら、ぜひ店頭の薬剤師にご相談ください。
走って寄り添う(伴走できる)医療人を目指しております。
お薬手帳を持参ください。
 
 
お薬手帳は薬の情報を知る・正しく伝えるための大事な手帳です。
安心で安全な医療提供に欠かせません。
お薬手帳は常に携帯しましょう。
クリックすると規範を全部確認いただけます
 
クリックすると画像全てがご覧いただけます
http://www.cho-yo-yakkyoku.co.jp/files/libs/93/201708101631058343.png

朝陽薬局と静岡市清水区「話題」からお知らせ

小生は、清水庁舎・桜ケ丘病院、玉突き移転に反対です!
2019-09-09
今、旭町にある清(旧)清水市役所は築35年ながら、基礎は完璧で当時騒がれていた東海(駿河湾)大震災にも対応できる作りと聞きました。
それだけ頑丈な建物を壊すとは・・・
折衷案ではありませんが・・・このまま清水庁舎を残しリフォームして桜ケ丘病院にしたら良いかと。。。
仮に新病院が竣工したとしても・・・そこで働く医師はじめ医療スタッフが集まらねば・・・機能しません!
静岡市という政令指定都市に、静岡市立静岡病院、同清水病院。
更には、静岡赤十字病院、静岡済生会病院。その後方には県立静岡総合病院と数多くの医療機関があります。
確かに、清水区には少ないですが・・・このような医療激戦区で医師はじめ医療スタッフ確保するのは至難の業かと。。。
桜ケ丘病院の親であるJCHOはどう考えているのでしょうか?
最大の問題点である「津波浸水域」の問題は旭町では解決できません! 区民総意の解決を願います。
TOPへ戻る